季子の部屋 ロマンチックと本が好き

日本一の「言葉の魔術師」を目指すブロガーです☆

【たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法】

こんばんは、季子です(・∀・)♪

今日は【たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法】作者原郁夫さん(アスコム)の本を読みました。

 

こちらの本から教わった素晴らしい3つの言葉をお伝えします☆

1.【「脳には人称が関係ない」ということをご存知でしょうか。脳は「わたし・僕(第1人称)」「君・あなた(第2人称)」「彼・彼女(第3人称)」を認識しないということです。脳にとって主語はまったく関係がないのだそうです。

なので、脳は「人様(ひとさま)へのほめ言葉」を「自分へのほめ言葉」と認識するということですねΣ(・ω・ノ)ノ! 

※人様(ひとさま)=他人を丁寧にいう語。

 

2.【「相手の気持ちになって考える」】には【「小人」になることです。

自分がぐんと小さく、手のひらサイズになった姿を考えてください。そして、共感したいと思っている相手の体の中に、耳の穴でも、口からでも、どこからでもいいから、ポンと入ってしまう自分を想像してください。相手の中にいる自分をイメージできたら、相手の目を通じて世界を見てみましょう。それくらい、思い切って相手と一体化することを想像できれば、リアルに相手の目線に立てます。

この考え方を「視点移動」とよんでいます。

 

3.【あなたが、この人には絶対によいところがあるという「いい先入観」で相手を見れば、その人のさまざまなよいところが見つかるようになります。

とても好きな言葉です♪

 

【人のよいところを真摯(しんし)に探し、丁寧にほめていくことが「魔法」につながる】そうですよ☆

 

人の長所を見ることが大事ですよね(o^―^o)

ありがとうございました♪

おわり

評価☆☆☆☆☆推薦度☆☆☆☆☆

 

たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法

たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法