季子の部屋

楽しんでくださいね♪プログラミングを勉強中の道産子です☆(⌒∇⌒)

【あなたのバッグには神様が宿っています!一瞬で開運できる物の持ち方、選び方】2

こんばんは、季子です(o^―^o)♪

今日は【あなたのバッグには神様が宿っています!一瞬で開運できる物の持ち方、選び方】作者は、はづき虹映さん(KADOKAWA)の本を読みました。

 こちらの本から3つ素敵な言葉をご紹介いたします☆

 

1.【持ち物を大切にするということは、自分自身を、そして自分の人生も大切にすることになる

 

人間が物を持つ本当の理由は、「物を通じてしか経験できないことを、人生でたくさん味わうため」だと私は考えています。あなたの身の回りの物たちは、あなたを豊かに幸せにするために、あなたの役に立ちたくて、あなたの元にやってきました。そのことに気づいて、物に感謝しながら大切に扱う人は、自分も神様から大切にされ、愛されます。

 

 

2.【物は、あなたの外見の一部です

 

「見た目で人を判断してはいけない」という意見がありますが、私の見解は違います。人の本質が、もっともわかりやすく表れているのが外見だからです。私は、「外見はいちばん、外側に現れた中身、本質です」と常々お伝えしています。見た目は、とても簡潔に「わたしは、こういう人間です」と、人に自己紹介する名刺のようなものなのですね。髪型、ファッション、メイク、話し方や振る舞い、そのすべてを選んでいるのはほかならぬ本人です。たまたまそうなっているわけではありませんよね。どんなテイストの物を選ぶか、という感性に、その人の本質が表れているわけです。それらはすべて、その人がかもし出す波動となって、会う人に「人となり」を伝えます。

 

見の回りのすべてのアイテムを「愛おしい」と感じるものでそろえられたら、毎日がもっと輝いて、自分にさらに自信が持てるようになるはずです。

 

3.【願い事は「縦書き」するとかないやすい

 

歌人柿本人麻呂山上憶良が「言霊の幸ふ国」と詠んだように、日本は言霊の力によって幸せがもたらされる国です。日本語は、神様がいらっしゃる上(天界)から人間の住む下(下界)に降りてきた霊力を持った言葉だといえます。

 

日本語で文字を書くときは縦書きで。上から下に文字が流れるように意識して書くと、とても美しい波動が宿ります。とくに、決意表明や願い事を書くときは、筆(ペン)を使って太い文字で縦書きにしましょう。「線が細い」=「エネルギーが貧弱だ」ということです。ですから、絵馬も太字で縦書きに書くのがおすすめです。天とつながりやすくなって、願い事が天に届きやすくなりますから。

 

新年の抱負に“書き初め”をすること、7月7日の“七夕の日”に願い事を書いた短冊を笹につるし、おりひめ星に技芸の上達を願うことは日本の素晴らしい文化のひとつですよね(*´▽`*)♪

 

 私は学生時代に書峰社の書道教室に通った経験があるのですが、教室の中のしんとした独特の緊張感がとても好きでした。

墨を擦ってゆっくり真っ白の半紙に字を書くということはとても楽しい事だと思います。

 

実現したい願い事はぜひ筆(ペン)を使って縦書きで太い文字で書いてくださいね♪

そして、あなたの願いが叶うことを願っています(^▽^)/

 

ありがとうございました☆

Best wishes(好意を込めて)

評価☆☆☆☆☆推薦度☆☆☆☆

 

 

 

 mansmigakingさん TraProakさん mocharina09さん  asato418さん juntankunさん hareruyatanさん nobo0630さん gadgerepoさん kinako97さん tarochan-kunさん andantesunnyさん shueihinoさん nagatake9i4さん doreshous0201さん shokonoblogさん portodoportoさん samadaさん rainbow-trainさん koto_oppoさん Bogossさん chikara_Londonさん Thank you♪(☆2/19更新☆季子)