季子の部屋 ロマンチックと本が好き

日本一の「言葉の魔術師」を目指すブロガーです☆

【マンガでわかる!仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン】

こんばんは、季子です(^▽^)♪

今日は【マンガでわかる!仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン】

作者は元CA・人材教育講師の三上ナナエさん、作画が柏屋コッコさんの本を読みました☆

 

こちらの本から3つ素敵な言葉と共感した素晴らしい言葉を1つご紹介いたします♪

 

1.【「気遣い」ができる人のなるための簡単なポイントはこの3つ!

 

・まわりの人がしてくれている気遣いに気づく

 

・いいなと思う気遣いを真似してみる

 

・自分のためではなく、相手のことを考え、自信がなくてもやってみる

 

そうすると、どんどん気遣いがうまくなっていきます!

 

 

2.【お願いするときの「一言の魔法」

 

ほんの些細なひと言かもしれませんが、相手を思いやる「魔法の言葉」

 

恐れ入ります

 

お手数をおかけします

 

ご面倒をおかけします

 

いつも助けていただきありがとうございます

 

このひと言を添えてお話すると、お相手にあなたの気持ちが伝わりきっと心を開いてくれますよ(*´▽`*)♪

 

「ひと言添える」には、習慣が大事。

 

まずは、身近な家族や友人に対して「今、お願いして大丈夫?」「手が空いたら手伝ってほしいんだけど」と、気遣いの言葉を使うことからスタートしてみましょう。こうして普段から意識して行うことで、自然に言葉が出てくるようになります。

 

 

3.【ほめるときには、その人のとびぬけて優れていることを探さなくて大丈夫。

 

「いつもありがとう」を伝えるだけでも十分

 

いつも〇〇してくれてありがとう】【いつも〇〇してくれるから助かるよ】と自分の気持ちを伝えるだけでも、褒めることと同じ効果があるのですね(*^^*)♪

 

<共感した素晴らしい言葉>

「気遣いは、みんなを幸せにする力を持っている」ということ。気遣いをすると、相手が笑顔になり、自分も笑顔になり、温かい気持ちになり、それがさらにまわりにも伝染して、幸せの輪がどんどん広がっていきます。

 

漫画で“気遣い”について学ぶことのできる、素敵な本ですよ♪

ありがとうございました☆

Best wishes(好意を込めて)

評価☆☆☆☆☆推薦度☆☆☆☆☆

 

マンガでわかる! 仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン

マンガでわかる! 仕事も人間関係もうまくいく「気遣い」のキホン