季子の部屋 ロマンチックと本が好き

日本一の「言葉の魔術師」を目指すブロガーです☆

《受付業のお仕事の基本挨拶と日報の書き方プチアドバイス♪》

こんばんは、季子です(#^^#)

 今日は受付のお仕事でよく使う言葉と日報の書き方のプチアドバイスをいたします♪

 

《お仕事でよく使う言葉》

〈お客様を明るい笑顔で迎えましょう♪〉

 

1.いらっしゃいませ

 

2.おはようございます

 

3.こんにちは(こんばんは)

 

〈トラブルが発生時・・・お客様へ言い訳せずに謝りましょう。〉

・申し訳ございません

 

〈ご用件を受けたときは(*‘ω‘ *)♪〉

・はい、かしこまりました

 

〈もしもお客様をお待たせするときは 〉

・少々お待ちくださいませ(´・ω・`)

 

〈お客様をお待たせした後には・・・〉

・お待たせいたしました

 

〈お礼の言葉〉

・ありがとうございました(*^^*)

 ・ありがとうございます♪

 

《日報の書き方ポイント》

 

1.(※例)受付業のお仕事で日報を次の日の勤務者へ宛てて書く場合は5W3H(いつ・どこで・だれが・何を・どのように・どのくらい・いくらで・なぜ)を意識して書くといいですよ(o^―^o)

 

☆5W3Hのご説明☆

 

5W⇒ When(いつ)、where(どこで)、who(誰が)、what(何を)、Why(何故)

 

 

3H⇒How(どのように)、How many(どのくらい)、Howmuch(いくらで)

 

 

2.そして、その内容は引き継ぎ(その日報の文章を読んで、読んだ方は何か行動をする必要があるもの)なのか?または報告なのか(とりあえず、お話を耳に入れておいた方が良い内容のものなのかという事ですね♪)をはっきり分かるように記入をしてくださいね☆

 

3.引継ぎの場合はお仕事が急いでいるものなのか?(具体的な日付で何日まで等も記入があると良いです!)連絡をどこかへする必要があるのか?(もし、どなたかに電話又はメールをする必要があるのならば、“〇〇へ連絡をしてください”&電話番号、メールアドレスを日報へ記入してくださいね)

 

☆まとめ☆

 

報告→その日の内にお仕事が完結している事で、次の日の勤務者へ知らせた方が良いことです。(大まかに内容を書いても大丈夫です。ミッション完了~( ・∇・)♪)

 

引き継ぎ→お仕事が未完結で、次の日の勤務者へお仕事の続きを依頼するときは具体的に分かりやすく詳細に文章を書くことが大事です。5W3Hが入っているかチェック!を是非して下さいね♪

 

文章を書くときは、読み手(次の勤務者)に何をあなたは伝えたいのか?ハッキリさせてから日報に文章を綴ってくださいね(*'ω'*)♪

 

おやすみなさい。

少しでもどなたかのお役に立てば良いなと思っています。

Best wishes(好意を込めて)

 

 2/27更新しました☆