季子の部屋 ロマンチックと本が好き

日本一の「言葉の魔術師」を目指すブロガーです☆

【お金と人に愛される「つやの法則」】

こんばんは、季子です(o^―^o)♪【お金と人に愛される「つやの法則】作者は田宮陽子さん(PHP電子)の本を読みました。

 

こちらの本からとても素敵な言葉を3つご紹介いたします☆

 

1.【「つやの法則」とは、あなたの顔や髪の毛、ツメや靴、それから周りにあるモノに「「つや」を出して光らせるだけで、みるみる運が良くなる「魔法の法則」です。

 

「お金持ちとか、成功している人はみんな『つや』がある」

 

顔につやを出すと、なぜか運勢がよくなる!

 

クリームやオイルをたっぷり塗って、顔に「つや」を出してみよう!

 

「顔につやを出す」本当にカンタンなことですが、実はこの「つや出し」を実践している人が、世間ではまだあまりいません。ところが、各方面で成功している人に話を聞いてみると「つやというものには、はかりしれない不思議なパワーがある!」ということをよく知っている人が、たくさんいらっしゃいます。例えば、有名なパティシエ(お菓子職人)の方がこんなことを言っていました。「僕は、自分がケーキを作るときに、よく熟れている『とびきりおいしい果物』を選びたいんです。箱に入っている、たくさんの果物を見たときに、『あ、これは絶対においしいぞ!』と確実にわかるものがあるんですね。それはね、『つやがとびきりあるもの』なんですよ

 

つやは人間のみならず、リンゴとか、モモとか、ブドウとか、「果物」であっても「つやがあるものはとびきりおいしい!」・・・・・・そういうルールがあるのです。

 

 ケーキ屋さんで売っている、ショートケーキの上に乗っている苺が特別ピカピカしてるのは、パティシエさんがとびきり素敵な苺を選んでトッピングしてくれるからなんでしょうね(⌒∇⌒)♪

 

 

2.【強運になる「魔法のルール」

 

「強運な人」のそばにいてその人の良いところを素直にマネしよう

 

もし、あなたの周りに「あの人は運がいいな!」と思う人がいたら、できるだけその人のそばにいて、その人に行動や言葉を学びましょう。

 

例えば、「強運な人」の特徴はこんな人です。

 

●顔につやがあり、その人が部屋に入ってくるとパッと明るくなる。

 

●いつも楽しそうで、その人のそばには笑いと笑顔が絶えない。

 

●いつも「愛のある言葉」「気持ちを明るくする言葉」をしゃべっている。

 

●その人のそばにいると心配や不安が消え、安心感があふれる。

 

●その人のそばにいると新しい夢を持ったり、やる気が出てくる。

 

●その人の周辺で、よい出来事が続々と発生している。

 

●自分も相手も宇宙も、いつも信頼している(気持ちがブレない、またはブレてもすぐに戻す工夫をしている)。

 

 

「強運な人のそばにいること」「そして、そばにいる自分が素直であること」・・・・・・このふたつがあなたの運気を飛躍的に上げるのです。

 

 

 

3.【アンチエイジング」ではなく「リッチエイジング」

 

ある有名なメイクアップアーティストの方から、こんなステキな言葉を教わりました。その人は「アンチエイジング」という言葉は決して使わずに、「リッチエイジング」と言うのです。「年齢や経験を重ねるほど、その人はつやを増してきれいになり、リッチになる!」・・・・・・こんなステキな考え方なのです。

 

若さがキレイだという考え方をしていると『二週間前の自分のほうがキレイだったなあ』『あのころの自分にもどれたらいいのに』と過去のほうが良かったことになります。それよりも『今日は、いままでで一番きれいだなあ!』『これから、どんどん、キレイになるね!』。そんなふうに、これからの人生がワクワクするような考え方をしていたほうが、肌もずっとキレイになるんです

 

年をとるのって「魔法使い」にでもならないかぎり、とめることはできません。それよりも「年齢はただの数字の過ぎない。これから、自分史上最高にきれいになるぞ!」と考えていたほうが、ずっと気分がワクワクして楽しい気分で過ごすことができます。】☆彡

 

 

リッチエイジング=(年齢や経験を重ねるほど、自分はつやを増して綺麗になり、リッチになる♪)という魅力的な考え方が私はとても素晴らしいと思います!

 

今日から始めてみようと思います(#^^#)♪

 

読まれたあなたが、ますますお金持ちでハッピーになること、素敵に年齢や経験を重ねることが出来るよう願っています☆

 

ありがとうございました!

Best wishes(好意を込めて)

評価☆☆☆☆☆推薦度☆☆☆☆

 

 

お金と人に愛される「つやの法則」

お金と人に愛される「つやの法則」

 

 

ブログランキングに参加しています☆応援してくださいね♪


本・書籍ランキング


読書日記ランキング