季子の部屋ロマンチックと本が好き

楽しんでくださいね♪毎週月・火・水更新予定です

【「誰かのため」が、「自分のため」につながる】日本一の秘書が教える気配り仕事術】

ごきげんよう、季子です(*^^*)

今日の2回目のテーマは素晴らしい本のご紹介です!

タイトルは【「誰かのため」が、「自分のため」につながる】日本一の秘書が教える気配り仕事術】著者は中村由美(なかむらゆみ)さんです。(株式会社あさ出版)(評価☆☆☆☆☆推薦度☆☆☆☆)

中村由美さんは、【1989年に壱番屋に入社。】

相手のために、人のために、自分にできることを探す。】【誰かに喜んでもらい、誰かの力になれるように】と、誠心誠意お仕事に向き合い【1996年には日本秘書協会が毎年選出していた「ベストセクレタリー」を受賞。「日本一の秘書」となった。】 

私の尊敬する女性の一人です(⌒∇⌒)♪

 

こちらの本から3つ素敵な言葉をご紹介いたしますね。

 

1.【あなたは一人じゃない

あなたが今を生き、おいしいものを食べ、日々を楽しみ過ごしていけるのも、ときにはつらく悲しい経験をするのも、あなたが生きているからです。その体を与えてくれたのは、あなたのご両親です。ご両親がいなければ、今のあなたは存在しませんでした。毎日仕事ができるのも、会社があるからであり、周りの同僚や先輩、上司とともにあるからです。これまでの人生を無事に歩んでこられたのは、親がいて、兄弟がいて、その他たくさんの人たちに見守ってもらったからです。

みんなに支えられている。だから、それに応えなくちゃ。そうやって自分を奮い立たせてなんとか前に進んでいくことが、生きるということです。

自分を育てるのは自分の努力次第。でも、支えてくれる人はたくさんいます。だから自信を持って、あなたのペースで、夢や目標に一歩ずつ進んでいってください。

誰かに支えてもらったら、次はあなたが誰かを支える番です。世の中はそうしてうまく回っていきます。

 

 

2.【叱られてもいちいち落ち込まない

落ち込むなんてもったいない!その分の時間と労力で、できることをやりましょう。

どうしてうまくいかないのだろう。こんなはずじゃなかったのに。自分を責めたり、失望したりする言葉で頭の中が占められてしまったら、次は意識して、こんな言葉をつぶやいてみましょう。「そういうときもある」「次はこうすればいい」「ここで終わるわけじゃない」

失敗に確かな理由があって、自分の努力が足らなかったのだと気づけば、それはまさに「失敗しない方法」を会得したも同然です。失敗しない方法がわかったということは、「成功する方法」を手に入れたのと同じことです。あなたには、必ず次がある。それをいつも忘れないでください。

 

 大隈重信の『諸君は必ず失敗する。成功があるかもしれませぬけど、成功より失敗が多い。失敗に落胆しなさるな。失敗に打ち勝たねばならぬ。』という言葉が私は好きです。倒れてしまうことがあっても、“おきあがりこぼし”のように起き上がることが出来ればいいのではないかしら?と思います。('_')

 

3.【「つまらない仕事」を「楽しい仕事」へランクアップさせるも、させないも、あなた次第。

「つまらない仕事」なんて一つもない

「この仕事はつまらないな」と思うときが、誰にでもあると思います。

つまらない仕事を「つまらないな」と思いながらやり続けるか、「慣れてしまったほうがラクだな」と思えるか。やはり前向きに考えてつまらなく思える仕事の中にも、楽しみを見つける工夫をしたほうが、自分にとってプラスになると思います。

仕事に「つまらない」という形容詞をくっつけているのはあなた自身。つまらない仕事を作っているのはあなたです。

仕事をつまらないもので終わらせてしまうか、意味のあるものにできるかは、あなたの心の持ちよう一つなのです。

 

是非いろいろ工夫して楽しみながら、自分なりの方法を見つけてくださいね☆

 

また、タイトル【3秒でハッピーになる超名言100】著者ひすいこたろうさんは【愛をもってすれば、どんな仕事でも、それは偉大な仕事になります。】とお書きになりました。素敵な考えかただな~と共感しています(#^^#)

※P151より引用しました(ディスカヴァー・トゥエンティワン

 

Thank you for taking the time to read my blog.(読む時間をつくってくれてありがとう)

See you!

 

 


読書日記ランキング